桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

今期のテレビドラマを彩る歌舞伎俳優の面々 ダークホースは坂東彌十郎

公開日: 更新日:

めっけもの「鎌倉殿」の坂東彌十郎

 歌舞伎役者がドラマに出演するのは今に始まったことではない。たとえば、1963年放送の大河ドラマ第1作「花の生涯」で主人公・井伊直弼を演じたのは2代目尾上松緑だった。第38作「元禄繚乱」で主人公・大石内蔵助を演じたのは5代目中村勘九郎(18代中村勘三郎)、その息子・6代目中村勘九郎が第58作「いだてん~東京オリムピック噺」で主人公・金栗四三を演じたのも記憶に新しい。

 それにしても、今期はやたらと歌舞伎役者が目立つ。ダークホースは坂東彌十郎。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で小栗旬演じる主人公・北条義時の父・時政を演じている(ちなみに長男の宗時役は片岡愛之助)。

 ドラマへの出演は少なく、番宣で頼朝役の大泉洋が「彌十郎さんが見つかっちゃう」と語っていたが、まさにその通り。女好きの愛すべき田舎侍を飄々と演じ、存在感を示している。

「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)と「まったり!赤胴鈴之助」(BSテレ東)を掛け持ちしているのが尾上松也だ。「ミステリ──」のお調子者でムードメーカーの池本刑事もハマリ役だが、「まったり──」の松也もいい。あの「赤胴鈴之助」が江戸から令和にタイムスリップしてきたというコメディー。65年前に松也の父、6代目尾上松助が「赤胴鈴之助」を演じており、その息子が時を経て、再び鈴之助を演じるというところにロマンを感じる。

お騒がせの中村芝翫 また悪いヤツを

 16日にスタートした日曜劇場「DCU」(TBS系)に出ていたのが不倫報道でお騒がせの8代目中村芝翫。画面に映った途端「あっ、三田寛子を悲しませる不倫夫! 悪いヤツ」と思ってしまった。

 そんな目で見たら悪人にしか見えず、あにはからんや、悪人だったというオチ。昨年の大河「青天を衝け」で演じた岩崎弥太郎もいやーなヤツだったし、禊が済むまで悪役で頑張るしかないか!?

尾上菊之助 「カムカム」のキーパーソン

 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で銀幕のスター、モモケンこと桃山剣之介を演じているのが5代目尾上菊之助。劇中時代劇でドラマを盛り上げている。3世代のヒロインが100年にわたり織りなす物語で3人のヒロインに関わるキーパーソン。

 菊之助の姉は寺島しのぶ、両親は7代目尾上菊五郎、富司純子というのは有名だが、その父が4代目尾上菊之助時代に大河ドラマ第4作「源義経」で主人公・義経を演じ、静御前を演じた富司純子と知り合い、結婚したのを知っている人は少数派だろう。昨年惜しまれつつ亡くなった「鬼平犯科帳」の中村吉右衛門は義理の父にあたる。

 というわけで冬ドラマは歌舞伎役者が大活躍だが、歌舞伎役者なら誰でもいいというわけではない。11代目市川海老蔵は歌舞伎では大看板だろうが、ドラマに出るとなぜか浮いてしまう。唯一の例外?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?