芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

綾瀬はるか「ぎぼむす完結編」低調でもCM女王の座が不動のワケ…唯一の懸念は結婚か?

公開日: 更新日:

 今月2日に放送された綾瀬はるか(38)主演の特別ドラマ「義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル」(TBS系)が、シリーズ最低視聴率(10.9%~ビデオリサーチ調べ、関東地区平均世帯)を記録したことから、一部メディアは「綾瀬は女優として正念場を迎えた」と報じた。

 たしかに昨年1月に鳴り物入りで公開された、木村拓哉(51)と綾瀬の共演作「レジェンド&バタフライ」(東映)は、製作費20億円超もの予算が組まれたにもかかわらず興行収入はわずか24.4億円と大きく足が出る結果となってしまったし、その7カ月後に公開された「リボルバー・リリー」(東映)も、採算ギリギリと言っていい6億5200万円の興収にとどまった。

 もちろん綾瀬ひとりでドラマや映画を作っているわけではないが、それでも数字だけ見ると少々寂しい作品が続いてしまったようにも映る。

 これについて芸能関係者に話を聞くと、「『ぎぼむす』のシリーズ最低視聴率は綾瀬さんにとって気の毒な面もあると思います。元旦に能登半島地震が発生し、全国的にのんびりとドラマを観ている雰囲気ではありませんでした。逆にそれでも視聴率が10%を超えたのですから、“正念場”はちょっと言い過ぎではないでしょうか」という反応が返ってきた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至