芸能人も集結した筒井康隆「断筆宣言」

公開日: 更新日:

<1994年4月>

 4月1日夕方、東京・中野サンプラザ前には長蛇の列ができた。5時半にはスタッフから開場が告げられ、観客が会場へ吸い込まれた。この日のイベントは「筒井康隆断筆祭」。チケットは一律5000円で座席指定はなし。誰もがいい席を確保しようと駆け込んだのだった。

 6時になると、ほぼ満席の会場がだんだんと暗くなり、筒井原作の映画のテーマ曲で彼自身が作曲した「ジャズ大名」が流れた。それが開演の合図だった。

 真っ暗になった頃、軽やかなピアノ音が鳴り響く。曲はジャズ「パリジャン・サラフェア」。ステージにスポットライトが当たり、そこにいたのはジャズピアニストの山下洋輔だ。

 彼が率いるパンジャ・スイング・オーケストラが音を重ねていき、曲はアップテンポの「イン・ザ・ムード」に。そこにサックス奏者の坂田明が乱入。さらにギタリストの渡辺香津美ら、有名ジャズマンも多数参加しての異色のライブステージが続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る