• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

11年間の闘病の末に亡くなった京塚昌子

■1994年9月

 ふくよかな体形でドラマで人気だった女優の京塚昌子。60年代から70年代にかけて「肝っ玉かあさん」「ありがとう」などの名母親役として活躍したが、94年9月23日午後7時過ぎ、東京・田町の病院の一室で京塚昌子が静かに息を引き取った。享年64。直接の死因は心不全だが、長らく脳梗塞で入院生活を送っていた。最期まで付き添った妹によると眠るような安らかな死に顔だったという。

 病に倒れたのは83年9月。公演先の愛媛県松山市の宿で、朝起きたら手足が動かず、口も回らない。そのまま市内の病院に搬送されて、20日間入院。その後、東京の病院に転院して療養した。

 一見、健康そのものの印象だが、71年に糖尿病と診断されていた。脳梗塞は糖尿病由来と考えられた。女優の傍ら小料理屋や天ぷら屋を経営して食道楽としても酒豪としても知られ、倒れる直前にも「ちょっと太りすぎたから減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者の池内淳子に漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る