11年間の闘病の末に亡くなった京塚昌子

公開日:  更新日:

■1994年9月

 ふくよかな体形でドラマで人気だった女優の京塚昌子。60年代から70年代にかけて「肝っ玉かあさん」「ありがとう」などの名母親役として活躍したが、94年9月23日午後7時過ぎ、東京・田町の病院の一室で京塚昌子が静かに息を引き取った。享年64。直接の死因は心不全だが、長らく脳梗塞で入院生活を送っていた。最期まで付き添った妹によると眠るような安らかな死に顔だったという。

 病に倒れたのは83年9月。公演先の愛媛県松山市の宿で、朝起きたら手足が動かず、口も回らない。そのまま市内の病院に搬送されて、20日間入院。その後、東京の病院に転院して療養した。

 一見、健康そのものの印象だが、71年に糖尿病と診断されていた。脳梗塞は糖尿病由来と考えられた。女優の傍ら小料理屋や天ぷら屋を経営して食道楽としても酒豪としても知られ、倒れる直前にも「ちょっと太りすぎたから減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者の池内淳子に漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る