秋吉久美子 一度は離婚した26歳年下男性との再々婚

公開日: 更新日:

 だが、秋吉の母ががんになり、看病と仕事に追われて「テンパっちゃって感情的になっていろいろあった」ことが引き金となり、翌05年夏にアッサリ離婚してしまった。もっとも、離婚後も2人は連絡を取り合っていた。男性は母親の看病をサポートし、一緒に病院も探し回ったという。母は06年2月に亡くなったが、その直前2人は再度入籍した。
 再婚の事実は伏せられていたが、07年に発覚。会見を開いた秋吉は「バレなきゃ一生バレないままでいようと思った。普通やんないですからね。恥ずかしいと思ってますよ」とコメント。母の看病をサポートしてくれたことに触れ、「1度目は本能と情熱、2度目は覚悟でしました」と語った。

 夫婦仲を心配する声も聞かれたが、東日本大震災被災地の炊き出しにそろって現れるなど、その後も良好なようだ。

◇2006年2月 7日、横浜を退団した斎藤隆投手がドジャースと契約。10日、トリノ冬季五輪開幕。16日、衆議院予算委員会で永田寿康議員が堀江貴文氏の送金指示メールについて質問。後に事実無根と判明(堀江ガセメール事件)。23日、トリノ五輪で荒川静香が金メダル。25日、世界の推計人口が65億人突破。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る