映画批評家・前田有一氏が厳選 「映画三昧」で行く年来る年

公開日:  更新日:

 寒波が続いて思わず出無精になりそうな年の瀬だが、引きこもってばかりいても始まらない。なにしろ今年の映画界、冬シーズンは元気いっぱいで、久々の傑作に出合える可能性も高い。むろん、お手軽な家族サービスにするもよし、だ。

■“日本押し”アニメ「ベイマックス」はファミリーで

 ファミリーで楽しむ用途ならイチオシは「ベイマックス」(アメリカ、108分)。絶好調のディズニー最新作にして、「アナ雪」大ヒットの日本市場を大いに意識した「日本押し」アニメーションだ。

 不審な事故で亡くなった兄が残した介護ロボ「ベイマックス」と共に、弟が死の真相をさぐる感動ドラマ。

 舞台となる架空都市は東京とサンフランシスコの合成で、中央線そっくりの高架線やらラーメン屋台など、サラリーマンにはおなじみの風景をディズニーキャラが駆け巡るシュール感が味わい深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る