映画批評家・前田有一氏が厳選 「映画三昧」で行く年来る年

公開日: 更新日:

 寒波が続いて思わず出無精になりそうな年の瀬だが、引きこもってばかりいても始まらない。なにしろ今年の映画界、冬シーズンは元気いっぱいで、久々の傑作に出合える可能性も高い。むろん、お手軽な家族サービスにするもよし、だ。

■“日本押し”アニメ「ベイマックス」はファミリーで

 ファミリーで楽しむ用途ならイチオシは「ベイマックス」(アメリカ、108分)。絶好調のディズニー最新作にして、「アナ雪」大ヒットの日本市場を大いに意識した「日本押し」アニメーションだ。

 不審な事故で亡くなった兄が残した介護ロボ「ベイマックス」と共に、弟が死の真相をさぐる感動ドラマ。

 舞台となる架空都市は東京とサンフランシスコの合成で、中央線そっくりの高架線やらラーメン屋台など、サラリーマンにはおなじみの風景をディズニーキャラが駆け巡るシュール感が味わい深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  6. 6

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る