工藤翔子さん13年ぶり女優復帰 居酒屋女将と二足のワラジ

公開日: 更新日:

 95年、瀬々敬久監督のピンク映画「終わらないセックス」でデビューした工藤翔子さん。官能的な演技派女優としてピンク映画を支えてきた。しかし、ピンクの勢いが衰えるのに合わせたかのように、スクリーンで見なくなった。今どうしているのか。

「水商売は17年前からかな。映画だけじゃ食べられなくて、新宿屋台村におでん屋さんを開いたのが始まり。屋台村が地上げでなくなり、ここに移って『寺子屋』を始めて14年になります」

 新宿・歌舞伎町、風林会館前の狭い路地の奥まったところにある居酒屋「寺子屋」で会った工藤さん、まずはこういった。

「開店して1、2年は苦しかったですね。終電に乗り遅れた若い助監督や食えない俳優たちがウーロンハイ一杯で始発まで粘るんですよ。チャージも取ってなかったから、“ウチの店をつぶす気”と文句を言ったら、“電車が走ってないんだよ”て逆ギレされちゃって。これはマズいと思い、始発が動き始める時分からお店を開くようにして、少しずつ軌道に乗り始めました。今は午前8時に開き、午後5時ごろまでやってます。これ、ちょっとした発想の転換だと思いません? ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る