• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

工藤翔子さん13年ぶり女優復帰 居酒屋女将と二足のワラジ

 95年、瀬々敬久監督のピンク映画「終わらないセックス」でデビューした工藤翔子さん。官能的な演技派女優としてピンク映画を支えてきた。しかし、ピンクの勢いが衰えるのに合わせたかのように、スクリーンで見なくなった。今どうしているのか。

「水商売は17年前からかな。映画だけじゃ食べられなくて、新宿屋台村におでん屋さんを開いたのが始まり。屋台村が地上げでなくなり、ここに移って『寺子屋』を始めて14年になります」

 新宿・歌舞伎町、風林会館前の狭い路地の奥まったところにある居酒屋「寺子屋」で会った工藤さん、まずはこういった。

「開店して1、2年は苦しかったですね。終電に乗り遅れた若い助監督や食えない俳優たちがウーロンハイ一杯で始発まで粘るんですよ。チャージも取ってなかったから、“ウチの店をつぶす気”と文句を言ったら、“電車が走ってないんだよ”て逆ギレされちゃって。これはマズいと思い、始発が動き始める時分からお店を開くようにして、少しずつ軌道に乗り始めました。今は午前8時に開き、午後5時ごろまでやってます。これ、ちょっとした発想の転換だと思いません? ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る