工藤翔子さん13年ぶり女優復帰 居酒屋女将と二足のワラジ

公開日:  更新日:

 95年、瀬々敬久監督のピンク映画「終わらないセックス」でデビューした工藤翔子さん。官能的な演技派女優としてピンク映画を支えてきた。しかし、ピンクの勢いが衰えるのに合わせたかのように、スクリーンで見なくなった。今どうしているのか。

「水商売は17年前からかな。映画だけじゃ食べられなくて、新宿屋台村におでん屋さんを開いたのが始まり。屋台村が地上げでなくなり、ここに移って『寺子屋』を始めて14年になります」

 新宿・歌舞伎町、風林会館前の狭い路地の奥まったところにある居酒屋「寺子屋」で会った工藤さん、まずはこういった。

「開店して1、2年は苦しかったですね。終電に乗り遅れた若い助監督や食えない俳優たちがウーロンハイ一杯で始発まで粘るんですよ。チャージも取ってなかったから、“ウチの店をつぶす気”と文句を言ったら、“電車が走ってないんだよ”て逆ギレされちゃって。これはマズいと思い、始発が動き始める時分からお店を開くようにして、少しずつ軌道に乗り始めました。今は午前8時に開き、午後5時ごろまでやってます。これ、ちょっとした発想の転換だと思いません? ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る