実力派・笑福亭羽光 献血ルームで小腹満たした下積み時代

公開日:  更新日:

 若手漫才ユニットのメンバー、漫画原作者という異色の経歴を持つ二つ目の笑福亭羽光さん(43)。笑福亭鶴光さんに入門したのは34歳。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞を受賞した実力派ながら妻子とは半別居。シェアハウス住まいで真打ちを目指している。

■ホモ疑惑が立った兄さんとの6畳一間生活

「羽光、ホモ疑惑」ってぇのが一時、ありましてね。それは東日本大震災のあった11年。何の因果か震災直後の5月に前座から二つ目に昇進したのはいいけれど、嫁が当時、3歳の長男を連れて静岡県三島市の実家へ帰ってしまったのがきっかけです。

 それまでは三軒茶屋の家賃16万円ほどの2LDKマンションに住んでましたが、1人ではとても払える額じゃあありません。当時、収入は月10万円あるかないかでしたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る