• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実力派・笑福亭羽光 献血ルームで小腹満たした下積み時代

 若手漫才ユニットのメンバー、漫画原作者という異色の経歴を持つ二つ目の笑福亭羽光さん(43)。笑福亭鶴光さんに入門したのは34歳。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞を受賞した実力派ながら妻子とは半別居。シェアハウス住まいで真打ちを目指している。

■ホモ疑惑が立った兄さんとの6畳一間生活

「羽光、ホモ疑惑」ってぇのが一時、ありましてね。それは東日本大震災のあった11年。何の因果か震災直後の5月に前座から二つ目に昇進したのはいいけれど、嫁が当時、3歳の長男を連れて静岡県三島市の実家へ帰ってしまったのがきっかけです。

 それまでは三軒茶屋の家賃16万円ほどの2LDKマンションに住んでましたが、1人ではとても払える額じゃあありません。当時、収入は月10万円あるかないかでしたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る