実力派・笑福亭羽光 献血ルームで小腹満たした下積み時代

公開日: 更新日:

 若手漫才ユニットのメンバー、漫画原作者という異色の経歴を持つ二つ目の笑福亭羽光さん(43)。笑福亭鶴光さんに入門したのは34歳。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞を受賞した実力派ながら妻子とは半別居。シェアハウス住まいで真打ちを目指している。

■ホモ疑惑が立った兄さんとの6畳一間生活

「羽光、ホモ疑惑」ってぇのが一時、ありましてね。それは東日本大震災のあった11年。何の因果か震災直後の5月に前座から二つ目に昇進したのはいいけれど、嫁が当時、3歳の長男を連れて静岡県三島市の実家へ帰ってしまったのがきっかけです。

 それまでは三軒茶屋の家賃16万円ほどの2LDKマンションに住んでましたが、1人ではとても払える額じゃあありません。当時、収入は月10万円あるかないかでしたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る