実力派・笑福亭羽光 献血ルームで小腹満たした下積み時代

公開日: 更新日:

 若手漫才ユニットのメンバー、漫画原作者という異色の経歴を持つ二つ目の笑福亭羽光さん(43)。笑福亭鶴光さんに入門したのは34歳。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞を受賞した実力派ながら妻子とは半別居。シェアハウス住まいで真打ちを目指している。

■ホモ疑惑が立った兄さんとの6畳一間生活

「羽光、ホモ疑惑」ってぇのが一時、ありましてね。それは東日本大震災のあった11年。何の因果か震災直後の5月に前座から二つ目に昇進したのはいいけれど、嫁が当時、3歳の長男を連れて静岡県三島市の実家へ帰ってしまったのがきっかけです。

 それまでは三軒茶屋の家賃16万円ほどの2LDKマンションに住んでましたが、1人ではとても払える額じゃあありません。当時、収入は月10万円あるかないかでしたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

もっと見る