吉澤ひとみは“酒依存”なのか 酒気帯びひき逃げ逮捕の衝撃

公開日:

 自転車ロードレースやマラソンにも参加し、スポーツでの活動にも積極的だった。15年に結婚し、翌16年に長男が生まれてからは、仕事のペースを落としたようだが、同年12月には出身地に近い埼玉県警東入間警察で一日署長を務めている。飲酒運転やひき逃げの重さは分かっていたはずだし、公人であるタレントが罪を犯せばどうなるのか、知らなかったでは通らないだろう。

「交通事故では、2007年に実弟を亡くし、スタッフとの会話もままならないほど泣き崩れたと大々的に報道されました。でもその吉澤容疑者も昨年9月29日夜に東京・板橋区でワゴン車を運転中、交差点で別のワゴン車と衝突する事故を起こしています。このことが報じられ明らかになると、10月5日にブログで謝罪コメントを発表したのですけど、謝罪コメント発表までの期間といい、事故が明るみに出なければダンマリを決め込んでいた可能性も今となっては否定できません」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る