バナナマン日村で話題 「インプラント500万円」どんな治療?

公開日: 更新日:

 元NHKアナウンサーの神田愛花(34)との熱愛が報じられて、時の人になったお笑いコンビ・バナナマン日村勇紀(42)。熱愛よりも驚いたのは、日村が歯のインプラントに500万円もかけていたことだ。インプラントは保険診療外。歯の治療に数百万をかけるって、一体どんなことをするのか。「もろずみ歯科」の両角旦院長に聞いてみた。

 1本35万円が一般的で、内訳は、(1)インプラント埋入手術(2)アバットメント(上部構造とインプラント体を連結させる部分)作製(3)上部補綴物(かぶせもの)です。例えば、歯が全くなく無歯顎の場合を考えてみます。インプラント埋入本数は、上顎6本以上、下顎4本以上が必要になります。単純に10本×35万円で、これだけで350万円になります。

 人は上下で28本の歯があるので、これだけでは隙間だらけの歯になってしまいます。例えば、骨の状態が良く、支払いに余裕がある場合、固定タイプのブリッジとなります。これだと500万円オーバーになることもあります。インプラントは本来ある自前の歯と違い、治療後のメンテナンスが必要になります。またインプラント体はチタン等の金属です。スケーリング(歯石除去)時の器具などで、本体を傷つけてしまうことがあるので、技術の高い衛生士さんにかからなくてはなりません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白