耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

公開日: 更新日:

 耳掃除が日々の習慣になっている人は少なくない。ただ、こすりすぎて耳の中が傷つくと、カビが繁殖して思わぬトラブルにつながるリスクがある。自治医科大学付属さいたま医療センター耳鼻咽喉・頭頚部外科教授の吉田尚弘氏に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

「外耳道真菌症」という耳の病気がある。「外耳道」と呼ばれる耳の入り口から鼓膜を結ぶトンネル内に、空気中に存在するカビ(真菌)が繁殖することで発症する。

「皮膚は体の部位によって厚さが異なり、中でも『外耳道』は厚さが0.1~0.2ミリと非常に薄い。綿棒や耳かきで過度にこすると傷がつき、皮膚のバリアー機能が低下してジクジクとした滲出液が出ます。さらに外耳道の奥には鼓膜があり、行き止まりになっているので、換気が非常に悪い。カビにとって好条件となる高温多湿な環境がつくられることで、空気中のカビがすみ着いて繁殖していくのです」

 耳の強いかゆみや痛みの症状が現れ、耳の中を診察すると白いカビの菌糸や黒い胞子が綿花のように付着しているのが見えるという。さらに、耳がかゆいからといって綿棒で繰り返しこすると、胞子はさらに耳の奥へと押し込まれて鼓膜の表面を塞ぎ、耳閉感や聞こえの悪さを引き起こす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで