あまたの青年が夢を語らい、そして去っていった

公開日: 更新日:

<新宿三丁目 どん底>

 ドンカクこと、オリジナルのどん底カクテル650円を飲みながらか定かじゃないが、詩人の金子光晴は「ドンカクの唄」と題し、こう詠(うた)っている。
〈ドンカクをなみなみ注いで/コップをまえにおくと/ふしょうぶしょうに/この世界はうごきだす/もう、どっこへもゆくところはない筈なのに/星は、目をしょぼつかせながら案内するために/しかたなし〉

 一体どのくらいの青年が、ここで夢を語らい、去っていったのだろう。新宿に闇市が軒を連ねる1951年、俳優養成学校「舞台芸術学院」第1期生の矢野智氏が和洋酒店として開店。店名は、矢野氏が学長で劇作家の秋田雨雀氏に相談したところ、「『どん底』の舞台が最後の舞台になるかもしれないから『どん底』にしたらどうだ」と、ゴーリキーの戯曲からつけてもらったという。以来62年、三島由紀夫に黒沢明、吉行和子ら文壇に映画関係、女優に俳優、そのタマゴたちを中心に、青年が杯を交わしてきた。もとい、今も交わしているというべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る