• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホテル厨房ウラ事情…中国産冷凍キンメダイが旬の銚子産に化ける

 阪急阪神ホテルズ(大阪市)系のレストランや世界的名門ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」(同)、「ルネッサンスサッポロホテル」(札幌市)などで、ホテル側が「誤表示」と言い訳する食材偽装問題が次々と発覚している。

 このニュースを聞いて、7年前の食肉加工会社「ミートホープ」(苫小牧市=解散)の偽装牛肉ミンチ事件を思い出した。今回のホテルの誤表示は単なるうっかり間違いなんかではなく、ホテルの客を軽視する姿勢が、たまたま誤表示という結果になって表れただけではないかと。

 ミートホープ社の「牛肉100%」と表示したミンチは、豚、馬、鹿、羊、鶏、兎、鴨の肉などが混ぜられ、肝心の牛肉は安物のオーストラリア産冷凍品で、それも防火用水タンクにたまった雑菌ウヨウヨの雨水で解凍したものだった。

 しかも、肉の量が少なく、羊頭狗肉ならぬ牛頭雑多肉ゆえに牛肉の風味と色合いがなく、それをカバーしたのが牛の血液と発がん性を問題視される発色剤・亜硝酸ナトリウムの過剰投与だった。こんな粗悪極まる偽装ミンチを全国の256社が仕入れ、ある大手食品メーカーは、それを加工して「パーティーラザニア」の商品名で販売し、これが名の通ったホテルのレストランで堂々と使われた。客はおろか、ホテル側も味の異変に気づかなかったのだからお粗末もいいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る