ホテル厨房ウラ事情…中国産冷凍キンメダイが旬の銚子産に化ける

公開日: 更新日:

 阪急阪神ホテルズ(大阪市)系のレストランや世界的名門ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」(同)、「ルネッサンスサッポロホテル」(札幌市)などで、ホテル側が「誤表示」と言い訳する食材偽装問題が次々と発覚している。

 このニュースを聞いて、7年前の食肉加工会社「ミートホープ」(苫小牧市=解散)の偽装牛肉ミンチ事件を思い出した。今回のホテルの誤表示は単なるうっかり間違いなんかではなく、ホテルの客を軽視する姿勢が、たまたま誤表示という結果になって表れただけではないかと。

 ミートホープ社の「牛肉100%」と表示したミンチは、豚、馬、鹿、羊、鶏、兎、鴨の肉などが混ぜられ、肝心の牛肉は安物のオーストラリア産冷凍品で、それも防火用水タンクにたまった雑菌ウヨウヨの雨水で解凍したものだった。

 しかも、肉の量が少なく、羊頭狗肉ならぬ牛頭雑多肉ゆえに牛肉の風味と色合いがなく、それをカバーしたのが牛の血液と発がん性を問題視される発色剤・亜硝酸ナトリウムの過剰投与だった。こんな粗悪極まる偽装ミンチを全国の256社が仕入れ、ある大手食品メーカーは、それを加工して「パーティーラザニア」の商品名で販売し、これが名の通ったホテルのレストランで堂々と使われた。客はおろか、ホテル側も味の異変に気づかなかったのだからお粗末もいいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  3. 3

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  4. 4

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る