• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原価10分の1以下…ゼラチン製フカヒレの仰天実態

 フェイク(模造)食材は、外食産業の低価格競争が生み出した偽物だから、一流ホテルの厨房とは無縁のはず。

 ところが、フェイク食材の代表ともいえる牛脂注入肉がホテル業界で広く重宝されていることは、一連の偽装で証明済みだ。

 ホテルオークラや札幌グランドホテル系列で使われた人工フカヒレも典型的なフェイク食材。それを使うかどうかはホテルの格に関係なさそうだ。都心の有名ホテルのシェフによれば、ホテルの中華料理店で原価圧縮の切り札になっているのが人工フカヒレだという。

「安物のエイヒレを使う手もあるが、これは味を濃いめにしてトロミを強くしないと気づかれる。だから三流ホテルならともかく、一流ホテルでは使えない。薄味を好む客が多いから。そこで試食を重ねたすえに使いだしたのが人工フカヒレだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る