原価10分の1以下…ゼラチン製フカヒレの仰天実態

公開日:  更新日:

 フェイク(模造)食材は、外食産業の低価格競争が生み出した偽物だから、一流ホテルの厨房とは無縁のはず。

 ところが、フェイク食材の代表ともいえる牛脂注入肉がホテル業界で広く重宝されていることは、一連の偽装で証明済みだ。

 ホテルオークラや札幌グランドホテル系列で使われた人工フカヒレも典型的なフェイク食材。それを使うかどうかはホテルの格に関係なさそうだ。都心の有名ホテルのシェフによれば、ホテルの中華料理店で原価圧縮の切り札になっているのが人工フカヒレだという。

「安物のエイヒレを使う手もあるが、これは味を濃いめにしてトロミを強くしないと気づかれる。だから三流ホテルならともかく、一流ホテルでは使えない。薄味を好む客が多いから。そこで試食を重ねたすえに使いだしたのが人工フカヒレだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る