原価10分の1以下…ゼラチン製フカヒレの仰天実態

公開日: 更新日:

 フェイク(模造)食材は、外食産業の低価格競争が生み出した偽物だから、一流ホテルの厨房とは無縁のはず。

 ところが、フェイク食材の代表ともいえる牛脂注入肉がホテル業界で広く重宝されていることは、一連の偽装で証明済みだ。

 ホテルオークラや札幌グランドホテル系列で使われた人工フカヒレも典型的なフェイク食材。それを使うかどうかはホテルの格に関係なさそうだ。都心の有名ホテルのシェフによれば、ホテルの中華料理店で原価圧縮の切り札になっているのが人工フカヒレだという。

「安物のエイヒレを使う手もあるが、これは味を濃いめにしてトロミを強くしないと気づかれる。だから三流ホテルならともかく、一流ホテルでは使えない。薄味を好む客が多いから。そこで試食を重ねたすえに使いだしたのが人工フカヒレだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る