• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホテル厨房ウラ事情…ファミレスと同じジュースを“倍値”でおもてなし

 各地のホテルで食品偽装の発覚が相次ぐなか、世界に冠たる超高級ホテルでも「ニセ表記」に手を染めていた。
 帝国ホテルは、業者から仕入れたグレープフルーツの非加熱果汁を「フレッシュジュース」と表記して、あたかも搾り立てのホテル特製に見せかけている。

 ホテル阪急インターナショナルやザ・リッツ・カールトン大阪、国内64カ所でチサンホテルなどを運営するソラーレホテルズアンドリゾーツなども帝国ホテルと同じ手口で客を欺いていたが、こんなフレッシュジュースが通用するなら、そこらのファミレスのものと何ら変わりがない。それどころか、ファミレスの何倍もする値段を取っているのだから、こんなあきれた話はないだろう。

 非加熱果汁でも国内商品ならまだしも、多くは海外からの輸入物。しかも、現場で働く人の商品知識は著しく低い。都心の一流ホテルの厨房担当者3人に聞くと、「ジュースの原料がどこから来たかなんて、私ら下っ端には全く関心がない」とのこと。ジュースもジュースなら、従業員の職務感覚もファミレスと大して違いはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る