ホテル厨房ウラ事情…ファミレスと同じジュースを“倍値”でおもてなし

公開日:  更新日:

 各地のホテルで食品偽装の発覚が相次ぐなか、世界に冠たる超高級ホテルでも「ニセ表記」に手を染めていた。
 帝国ホテルは、業者から仕入れたグレープフルーツの非加熱果汁を「フレッシュジュース」と表記して、あたかも搾り立てのホテル特製に見せかけている。

 ホテル阪急インターナショナルやザ・リッツ・カールトン大阪、国内64カ所でチサンホテルなどを運営するソラーレホテルズアンドリゾーツなども帝国ホテルと同じ手口で客を欺いていたが、こんなフレッシュジュースが通用するなら、そこらのファミレスのものと何ら変わりがない。それどころか、ファミレスの何倍もする値段を取っているのだから、こんなあきれた話はないだろう。

 非加熱果汁でも国内商品ならまだしも、多くは海外からの輸入物。しかも、現場で働く人の商品知識は著しく低い。都心の一流ホテルの厨房担当者3人に聞くと、「ジュースの原料がどこから来たかなんて、私ら下っ端には全く関心がない」とのこと。ジュースもジュースなら、従業員の職務感覚もファミレスと大して違いはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る