• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホテル厨房ウラ事情…伊勢エビは三重県外産、ヒドけりゃキューバ産の衝撃

 客を欺く食材偽装が、各地の有名ホテルで相次いで発覚している。ブラックタイガーを車エビに、バナメイエビを芝エビに、ホワイトエビを大正エビに偽装するケースが目につくが、偽装は原価圧縮が目的だから、使われるエビはどれも仕入れ値が安い冷凍輸入物である。

 それらはほとんど例外なく養殖物で、現在は中国、東南アジアだけでなく、バングラデシュ、パキスタン、サウジアラビア、果てはモザンビーク、ブラジルなど約50カ国から輸入されている。

 養殖物には病気防止の抗生物質「オキシテトラサイクリン」が多用され、冷凍する際は漂白剤の用途もある酸化防止剤「二酸化硫黄」が添加されており、それらの過剰残留が何度も確認されている。高級ホテルの料理だからといって、必ずしも安心・安全が保証されているわけではない。

 最近は抗生物質を打ち負かす耐性菌がエビをむしばみ、食材としての安全性がさらに脅かされつつある。ホテル側がエビ偽装で利益追求に突っ走る裏で、客の健康が損なわれる恐れがあるのも現実なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る