ホテル厨房ウラ事情…伊勢エビは三重県外産、ヒドけりゃキューバ産の衝撃

公開日:  更新日:

 客を欺く食材偽装が、各地の有名ホテルで相次いで発覚している。ブラックタイガーを車エビに、バナメイエビを芝エビに、ホワイトエビを大正エビに偽装するケースが目につくが、偽装は原価圧縮が目的だから、使われるエビはどれも仕入れ値が安い冷凍輸入物である。

 それらはほとんど例外なく養殖物で、現在は中国、東南アジアだけでなく、バングラデシュ、パキスタン、サウジアラビア、果てはモザンビーク、ブラジルなど約50カ国から輸入されている。

 養殖物には病気防止の抗生物質「オキシテトラサイクリン」が多用され、冷凍する際は漂白剤の用途もある酸化防止剤「二酸化硫黄」が添加されており、それらの過剰残留が何度も確認されている。高級ホテルの料理だからといって、必ずしも安心・安全が保証されているわけではない。

 最近は抗生物質を打ち負かす耐性菌がエビをむしばみ、食材としての安全性がさらに脅かされつつある。ホテル側がエビ偽装で利益追求に突っ走る裏で、客の健康が損なわれる恐れがあるのも現実なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る