ホテル厨房ウラ事情…伊勢エビは三重県外産、ヒドけりゃキューバ産の衝撃

公開日: 更新日:

 客を欺く食材偽装が、各地の有名ホテルで相次いで発覚している。ブラックタイガーを車エビに、バナメイエビを芝エビに、ホワイトエビを大正エビに偽装するケースが目につくが、偽装は原価圧縮が目的だから、使われるエビはどれも仕入れ値が安い冷凍輸入物である。

 それらはほとんど例外なく養殖物で、現在は中国、東南アジアだけでなく、バングラデシュ、パキスタン、サウジアラビア、果てはモザンビーク、ブラジルなど約50カ国から輸入されている。

 養殖物には病気防止の抗生物質「オキシテトラサイクリン」が多用され、冷凍する際は漂白剤の用途もある酸化防止剤「二酸化硫黄」が添加されており、それらの過剰残留が何度も確認されている。高級ホテルの料理だからといって、必ずしも安心・安全が保証されているわけではない。

 最近は抗生物質を打ち負かす耐性菌がエビをむしばみ、食材としての安全性がさらに脅かされつつある。ホテル側がエビ偽装で利益追求に突っ走る裏で、客の健康が損なわれる恐れがあるのも現実なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る