同好の士を集め、1日3時間の宴を開く

公開日:  更新日:

<ホッピー仙人 桜木町>

 仙人といえば、人里離れた山奥の、そのまた奥に暮らし、道教の道(タオ)を究めた白ひげの長老というイメージだが、ホッピー仙人はどんな人物なのだろうか。

 横浜は桜木町駅南口を出て、大岡川沿いを日の出町方面へ。川面に映るネオンを見ながら歩けば、異空間へタイムスリップしたような飲み屋街に出くわす。緩やかな川のカーブに沿って連なる長屋群とでもいおうか……。1964年の東京五輪の際、露店や屋台が野毛の美観を損ねるとして、一緒くたにすべく建てられた都橋商店街、通称ハーモニカ横丁である。この年季の入った建物の2階に、仙人の店はある。会える機会は1日3時間。

 夜7時の開店を待って、恐る恐る扉を開けると、広さ6畳ほど、カウンター8席の小さな店はもう、お客でいっぱいだ。一見を寄せ付けない雰囲気の中、一斉に視線を集めてたじろいでいると、「奥へどうぞ」と、カウンターの中から助け舟。優しい声の主こそ、ホッピー仙人こと、店主の熊切憲司さんである。仙人といっても、中年のご同輩といった印象である。ホッピー好きが高じて、専門バーを開いて12年。昼間は普通のサラリーマンだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る