昼酒の聖地は生ビールとつまみで240円ナリ

公開日: 更新日:

■肉の大山(上野)

 上野駅は中央改札から広小路口に出て、マルイ裏手のさくら通り商店街へ。この一帯は昼酒の聖地として知られていて、「立飲み たきおか」でジョッキをあおるご同輩や「もつ焼 大統領」のうまそうな煮込みの匂いに足を止めそうになりながら、「肉の大山」へたどり着く。ここでも、当然のように飲んでいる先客たち。まだ午後3時というのに、すっかり出来上がった顔もみえる。肉の卸会社が経営の食堂、というより、立ち飲み店である。安く、うまく、飲めるのだ。

 まずはと、生ビール(中)380円と名物のやみつきコロッケ50円を注文した。キャッシュオンデリバリー、その都度払いで500円玉を渡すと、熱々コロッケ入りの袋とビールと共に、チャリンチャリンと260円が戻ってきた。ハテ? もう酔ったかと飲む前から頭をひねり、「あの~」と店員さんに声をかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る