芳醇な樽酒を飲むまでの、長く遠い道のりよ

公開日:  更新日:

■岩手屋(湯島)

「あの時はもう二度と、こいつを出せないんじゃないかって……、そう思いましてね」
 湯島は天神下交差点を上野方面へ歩き、ふたつ目の路地を右へ曲がったところにある店のカウンターの奥。店主の内村嘉男さんが「酔仙 本醸造」と書かれた4斗樽のカランを回し、酒を徳利へとつぎながら、しみじみとつぶやいた。

 あの時とは、震災のことである。東北の沿岸部には、銘酒の酒蔵がいくつもあり、全国の飲んべえを喜ばせていたのだけれども、大地震と津波によって壊滅的な損害を被った。岩手の銘酒、酔仙の酒蔵も陸前高田にあったため、もうどうすることもできなかったという。

 樽酒750円の徳利を傾け、杯に口をつけると、芳醇(ほうじゅん)な味と香りがして、ゆっくりと心地良い酔いが五臓六腑(ろっぷ)に広がっていく。実に2年8カ月ぶり。50年以上、樽酒にこだわってきた店に、ようやく“顔”が戻ってきたのである。注文ごとに供される小皿のアテ(無料)がまた、うれしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る