• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芳醇な樽酒を飲むまでの、長く遠い道のりよ

投稿日:  更新日:

■岩手屋(湯島)

「あの時はもう二度と、こいつを出せないんじゃないかって……、そう思いましてね」
 湯島は天神下交差点を上野方面へ歩き、ふたつ目の路地を右へ曲がったところにある店のカウンターの奥。店主の内村嘉男さんが「酔仙 本醸造」と書かれた4斗樽のカランを回し、酒を徳利へとつぎながら、しみじみとつぶやいた。

 あの時とは、震災のことである。東北の沿岸部には、銘酒の酒蔵がいくつもあり、全国の飲んべえを喜ばせていたのだけれども、大地震と津波によって壊滅的な損害を被った。岩手の銘酒、酔仙の酒蔵も陸前高田にあったため、もうどうすることもできなかったという。

 樽酒750円の徳利を傾け、杯に口をつけると、芳醇(ほうじゅん)な味と香りがして、ゆっくりと心地良い酔いが五臓六腑(ろっぷ)に広がっていく。実に2年8カ月ぶり。50年以上、樽酒にこだわってきた店に、ようやく“顔”が戻ってきたのである。注文ごとに供される小皿のアテ(無料)がまた、うれしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る