牛肉よりヘルシー 午年に食べたい都内絶品「馬肉料理」の店

公開日: 更新日:

 2014年は12年に一度の午(うま)年だ。日本では熊本や長野など一部地域を除き、馬肉を食べる習慣が定着していない。しかし、ここ数年は牛肉よりカロリーが少なく鉄分豊富な馬肉はアスリートや女性を中心に見直され、一般的にも広がりをみせる傾向にある。そこで、日刊ゲンダイ本紙は都内にある馬肉を扱う料理店で“実食”してみた。

■馬喰ろう(人形町)

 開店と同時に予約客が続々――。地下鉄人形町駅から徒歩1分にある馬肉直営の卸を母体とした「馬喰ろう」(電話03・3669・8348)。江戸情緒あふれる店内は連日満席の盛況ぶりだ。

「青森、福島、長野、熊本県などでは肉といえば“馬肉″。でも、首都圏や関西ではまだそれほど食べられていません。卸問屋の強みを生かして、馬肉専門店を都内に構えています。さまざまな部位の提供が可能で、値段もリーズナブル。メーンとして仕入れているカナダ産は衛生基準が世界でもトップクラスです」(山崎竜祐店長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る