• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

牛肉よりヘルシー 午年に食べたい都内絶品「馬肉料理」の店

 2014年は12年に一度の午(うま)年だ。日本では熊本や長野など一部地域を除き、馬肉を食べる習慣が定着していない。しかし、ここ数年は牛肉よりカロリーが少なく鉄分豊富な馬肉はアスリートや女性を中心に見直され、一般的にも広がりをみせる傾向にある。そこで、日刊ゲンダイ本紙は都内にある馬肉を扱う料理店で“実食”してみた。

■馬喰ろう(人形町)

 開店と同時に予約客が続々――。地下鉄人形町駅から徒歩1分にある馬肉直営の卸を母体とした「馬喰ろう」(電話03・3669・8348)。江戸情緒あふれる店内は連日満席の盛況ぶりだ。

「青森、福島、長野、熊本県などでは肉といえば“馬肉″。でも、首都圏や関西ではまだそれほど食べられていません。卸問屋の強みを生かして、馬肉専門店を都内に構えています。さまざまな部位の提供が可能で、値段もリーズナブル。メーンとして仕入れているカナダ産は衛生基準が世界でもトップクラスです」(山崎竜祐店長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る