美人料理研究家がレク “イイ女風” 開運鍋&幸せおせち

公開日:  更新日:

 正月休みは妻や彼女に意外な料理の腕を披露して株をあげるチャンス。近著「手抜きでサクッとイイ女ごはん」(講談社)で新感覚の美人料理研究家として注目される村山瑛子さんに、手軽で雰囲気たっぷりの正月料理を教えてもらった。料理のテーマは正月にふさわしい「開運」である。

■真っ赤なブイヤベースは風水でも◎

「メーンはブイヤベース風の『海鮮幸せ鍋』です。風水では、赤い色は勝負運の色、また海鮮料理はチャンスを呼ぶ料理といわれているんですよ」

 まず、下ごしらえから。エビは背ワタを取り、タラの切り身は半分に。ジャガイモ、エリンギも火の通りやすい大きさに切っておく。サフランがあれば1カップの水に入れて戻しておく。

「まず、ここが重要なポイントですが、鍋か大きめのフライパンで、サラダ油を熱して、魚介を加えて焼き色を付けます。煮る前に一度焼くことでエビ、タラのだしの風味がグンとアップし、生臭さがなくなります。それと、魚介にはしっかり塩・こしょうをしましょうね。みじん切りにしたニンニク、セロリ、玉ネギ、ジャガイモを入れ、優しく混ぜながら炒めます。玉ネギが軽く透き通ってきたらアサリを加え、白ワインを回しかけます。ジュワッときたらふたをして5分。口が開くまで蒸し焼きにします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る