名物の合い鴨焼きで幕を開ける、魅惑の焼き鳥コース

公開日: 更新日:

<ほさか 新橋>

「ゆうべ閑古鳥が鳴いたと思ったら、今夜はしっちゃかめっちゃかなんだから。長年やってても、分からないもんだよ」
 ご主人の保坂幸五さんは苦笑いを浮かべながら、もくもくと煙を上げる焼き台へ向かっていた。

 新橋は日比谷口からSL広場を抜けて左側の路地にある烏森神社。パワースポットとして若い女性も集まる参道で「鳥」の暖簾をさげて45年の「ほさか」は、中高年男のオアシスだ。小さなカウンターとテーブル席は宵の口から満員で、生ビールのジョッキをあおる音、焼き鳥を頬張る笑顔、明るい話し声がこだましている。焼き鳥の焼きあがるジュージューは飲んべえの心を高める伴奏か。保坂主人の串さばきは指揮者のそれに見えてくる。良い夜だ。

 止まり木に座ると、まずは合い鴨焼き147円(1本)が2本供される。これが店の流儀、名刺代わりとでも言おうか、店主のこだわりなのだ。瓶ビール(中)578円をグビリとやって、頬張った。この界隈にあった焼き鳥の名店「つるや」で修業すること15年、ご主人が受け継いだ伝統の味である。噛むほどに鴨肉から熱い脂があふれ出し、野趣あふれるうま味が広がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る