• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名物の合い鴨焼きで幕を開ける、魅惑の焼き鳥コース

<ほさか 新橋>

「ゆうべ閑古鳥が鳴いたと思ったら、今夜はしっちゃかめっちゃかなんだから。長年やってても、分からないもんだよ」
 ご主人の保坂幸五さんは苦笑いを浮かべながら、もくもくと煙を上げる焼き台へ向かっていた。

 新橋は日比谷口からSL広場を抜けて左側の路地にある烏森神社。パワースポットとして若い女性も集まる参道で「鳥」の暖簾をさげて45年の「ほさか」は、中高年男のオアシスだ。小さなカウンターとテーブル席は宵の口から満員で、生ビールのジョッキをあおる音、焼き鳥を頬張る笑顔、明るい話し声がこだましている。焼き鳥の焼きあがるジュージューは飲んべえの心を高める伴奏か。保坂主人の串さばきは指揮者のそれに見えてくる。良い夜だ。

 止まり木に座ると、まずは合い鴨焼き147円(1本)が2本供される。これが店の流儀、名刺代わりとでも言おうか、店主のこだわりなのだ。瓶ビール(中)578円をグビリとやって、頬張った。この界隈にあった焼き鳥の名店「つるや」で修業すること15年、ご主人が受け継いだ伝統の味である。噛むほどに鴨肉から熱い脂があふれ出し、野趣あふれるうま味が広がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る