• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小保方さんで注目 「リケジョ」志望者にお得な中高一貫校

「STAP細胞」の作製に成功した理化学研究所の小保方晴子さん(30)の人気は、受験業界にも広がっている。

「彼女の活躍で、理系女子を応援する雑誌『リケジョ』の部数が伸びていると聞きます。理系は医療関係を中心に、薬剤師や管理栄養士などの資格も取れるため、食いっぱぐれもありません。小保方さんが脚光を浴びたことで、この先、理系を希望する女子が増えるでしょう」(関係者)

 そこで、我が子を「リケジョ」に、と考えるお父さんにオススメしたい中高一貫校を受験のプロに聞いた。

「理系学部に合格者の多い学校は年々、人気が高まっています。豊島岡女子は昨年、東京医科歯科大や千葉大など国立の医学部に33人が合格している。実験室の多さがウリです。宝仙学園の共学部『理数インター』は、昨年1期生を出しましたが、筑波大や早慶に合格者を出しています」(「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る