小保方さんで注目 「リケジョ」志望者にお得な中高一貫校

公開日:  更新日:

「STAP細胞」の作製に成功した理化学研究所の小保方晴子さん(30)の人気は、受験業界にも広がっている。

「彼女の活躍で、理系女子を応援する雑誌『リケジョ』の部数が伸びていると聞きます。理系は医療関係を中心に、薬剤師や管理栄養士などの資格も取れるため、食いっぱぐれもありません。小保方さんが脚光を浴びたことで、この先、理系を希望する女子が増えるでしょう」(関係者)

 そこで、我が子を「リケジョ」に、と考えるお父さんにオススメしたい中高一貫校を受験のプロに聞いた。

「理系学部に合格者の多い学校は年々、人気が高まっています。豊島岡女子は昨年、東京医科歯科大や千葉大など国立の医学部に33人が合格している。実験室の多さがウリです。宝仙学園の共学部『理数インター』は、昨年1期生を出しましたが、筑波大や早慶に合格者を出しています」(「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る