• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

壁の傷心配いらず ホチキス最大手「MAX」社員のスゴ技

 聞き慣れない会社名「MAX」。引き出しの中のホチキスを取り出してみてほしい。約7割の確率で「MAX」と書かれているはず。同社はハンディータイプのホチキスの国内最大手メーカーである。

■篠原涼子も実践!?

「いつもホチキスのことを考えている」という営業部の坂上寛基さんに、同社の社員が実践している裏ワザを聞いた。

「まずはタッキングといって、壁などに打ち付けて使う裏ワザです。ドラマ『ハケンの品格』で篠原涼子さん演じる主人公がやって話題となりましたが、画びょうやセロテープがなくても、素早くポスターやチラシなどを張ることができます」

 やり方は簡単。ホチキスを180度まで開いて(開かない製品もある)1本の棒の状態にする。針が出る部分を上にして持ち、針を刺したい所に押し付けるだけ。コンクリートのような硬い壁は無理だが、画びょうが刺さる木や石膏の板ならOKだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る