W杯出場国“美女グルメ” 料理はなじみなくても実はウマい

公開日:  更新日:

 2014年最大のスポーツイベントは、サッカーW杯で決まりだろう。日本が史上初のベスト8に進むか楽しみだが、出場国の料理を食べ比べてみるのも面白い。そこで、日本人にはあまりなじみのないグルメをご紹介――。

■ブラジル 肉汁したたる赤身肉に本能が目覚める

 優勝候補筆頭のブラジルの人たちは、シュラスコを食べて元気になる。資生堂パーラー隣のビルの「バッカーナ」は、その名店だ。

「シュラスコとは、ブラジリアンバーベキューのこと。牛や豚、羊、鶏などのいろいろな部位を大串に刺して焼きます。肉を切るシュラスケイロが各テーブルを回って、肉の塊を切り分けます」(渡邊大介店長)

 1番人気は、牛のモモを岩塩で焼いた「ピッカーニャ」。ナイフを入れると、香ばしい焦げ目の内側から鮮やかな赤身が! 一切れ、二切れと皿に取り分けられ、思わず「もっと」。肉汁したたる赤身は、眠っていた本能を呼び覚ます。食欲にカチッと火がついた。カナリア軍団の強さの秘密が分かった気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る