• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯出場国“美女グルメ” 料理はなじみなくても実はウマい

 2014年最大のスポーツイベントは、サッカーW杯で決まりだろう。日本が史上初のベスト8に進むか楽しみだが、出場国の料理を食べ比べてみるのも面白い。そこで、日本人にはあまりなじみのないグルメをご紹介――。

■ブラジル 肉汁したたる赤身肉に本能が目覚める

 優勝候補筆頭のブラジルの人たちは、シュラスコを食べて元気になる。資生堂パーラー隣のビルの「バッカーナ」は、その名店だ。

「シュラスコとは、ブラジリアンバーベキューのこと。牛や豚、羊、鶏などのいろいろな部位を大串に刺して焼きます。肉を切るシュラスケイロが各テーブルを回って、肉の塊を切り分けます」(渡邊大介店長)

 1番人気は、牛のモモを岩塩で焼いた「ピッカーニャ」。ナイフを入れると、香ばしい焦げ目の内側から鮮やかな赤身が! 一切れ、二切れと皿に取り分けられ、思わず「もっと」。肉汁したたる赤身は、眠っていた本能を呼び覚ます。食欲にカチッと火がついた。カナリア軍団の強さの秘密が分かった気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る