面接官は“乱れ”問題視 就職面接に勝つ「正しい姿勢」とは

公開日: 更新日:

 面接を左右するのは学生の「姿勢」――。こんな結果が明らかになった。

 オムロンヘルスケアとワコールによる「女姿力向上プロジェクト」が新卒採用の人事担当者109人に調査を実施。面接時に、就活生の姿勢が崩れた瞬間が気になるかを聞いたところ、96%が「気になる」と回答した。理由は「だらしがない」(57%)、「ストレスに弱そう」(48%)、「規律を乱しそう」(39%)とケチョンケチョンである。

■「姿勢」は自宅で練習できる

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、いまの就活生は親自身が礼儀作法をわきまえないため、正しい姿勢を教えてもらっていないという。

「一番目につくのが面接の際にイスの背もたれに背中をつける姿勢です。就活生はお客さんじゃないのだから、背もたれと背中をこぶしひとつ分あけ、少し身を乗り出して座ること。男子は左右の靴を2、3センチ離して平行にし、女子はぴたりとくっつけて、手はヒザにそろえます。不用意に手ぶりを使うと、“言葉で表現できない”と辛口の評価を受けてしまいます。お辞儀は45度が基本。親の悪いところをまねて首だけをペコリと下げる学生がいますが、これはいただけません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る