面接官は“乱れ”問題視 就職面接に勝つ「正しい姿勢」とは

公開日: 更新日:

 面接を左右するのは学生の「姿勢」――。こんな結果が明らかになった。

 オムロンヘルスケアとワコールによる「女姿力向上プロジェクト」が新卒採用の人事担当者109人に調査を実施。面接時に、就活生の姿勢が崩れた瞬間が気になるかを聞いたところ、96%が「気になる」と回答した。理由は「だらしがない」(57%)、「ストレスに弱そう」(48%)、「規律を乱しそう」(39%)とケチョンケチョンである。

■「姿勢」は自宅で練習できる

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、いまの就活生は親自身が礼儀作法をわきまえないため、正しい姿勢を教えてもらっていないという。

「一番目につくのが面接の際にイスの背もたれに背中をつける姿勢です。就活生はお客さんじゃないのだから、背もたれと背中をこぶしひとつ分あけ、少し身を乗り出して座ること。男子は左右の靴を2、3センチ離して平行にし、女子はぴたりとくっつけて、手はヒザにそろえます。不用意に手ぶりを使うと、“言葉で表現できない”と辛口の評価を受けてしまいます。お辞儀は45度が基本。親の悪いところをまねて首だけをペコリと下げる学生がいますが、これはいただけません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る