野毛の老舗人気店で、春の足音を感じる

公開日: 更新日:

■栄屋酒場(横浜・長者町)

 横浜は京急の日ノ出町駅を出て、大岡川に架かる長者橋を渡って、2つ目の十字路を右に曲がると、渋い暖簾がはためいている……はずが、夕方5時の開店時間というのに、暖簾は出ていない。曇りガラスの引き戸をそおっと開けてみる。と、ガラガラと音をたて、ちょっと焦ると、2代目店主の三宅明治さんが人懐っこい顔で迎えてくれた。

「ごめんごめん、河岸でひと仕事して横になったら、寝坊しちゃってさ。すぐに支度するから、ちょっと待っててね」

 うまい酒場の林立する野毛にして有数の人気店、新鮮な魚介類が評判である。壁の棚にはキープボトルが実に100本以上も並び、使い込まれた木のテーブルに椅子、メニューは新聞チラシの裏にマジックで書かれているし、何とも人間味のある酒場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る