下町ハイボール&絶品もつ焼きで幸せをかみしめ…

公開日: 更新日:

<三平 西小岩>

 宵の口の京成小岩駅を出て、春の下町をのんびり行けば、ご同輩とおぼしき中年男が前を歩いている。柴又街道を渡り、駅前交差点のほど近く、「高い店」の「高」の字が逆さまになっている店の看板が目に入ると、足早になった。分かりますよ、そのお気持ち! 男性に続いて引き戸をガラガラやれば、もつ焼きの香ばしい匂い、音、もくもくの白い煙の中で杯を傾ける常連さんたちの赤い顔、笑顔があって、もう、それだけでうれしくなる。
 カウンターの止まり木に腰掛け、まずは「ボール!」と一言。「はいよ」ときっぷのいい応答があって、シュワシュワと音を立てるグラスが運ばれてきた。下町の大衆酒場の定番、焼酎ハイボール350円である。爽やかな香りとともに、シュワシュワが鼻をくすぐる。グビリとやる。至福の瞬間だ。

 地元に愛される人気店とあって、ほぼ満席。厨房では、2階の客席へ料理を運ぶエレベーターまで大忙しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る