名物の串煮込みと肝っ玉女将のほほ笑みと…

公開日:  更新日:

■藤や 北千住

 北千住で煮込みといえば、「大はし」と挙げる飲んべえは多いだろう。コクのある牛すじ煮込みは、「ホイきた!」と注文のたびに声を張る名物大将と共に知れ渡り、町の代名詞のひとつといっていいくらいだ。

 その北千住には、煮込みの名店がまだある。駅西口の北千住駅前通りから路地に一本入った「藤や」である。L字カウンターに座る常連客の目の前に煮込み鍋があり、グツグツと音が聞こえてくるようだ。こちらでは、牛もつを串に刺して煮込んでいる。ハチノス、フワ、スジ、シロ、ナンコツなどがトロトロになって供され、それで酒を楽しむのである。
 中ナマ500円で喉を鳴らし、女将の須藤美枝子さんにオススメを問えば、「全部だよ」とばっさり。きっぷの良さにたじろげば、「もつ3種と玉子」を出してくれた。串はどれも1本100円である。それではとハチノスに食らいつこうと口を開けたところ、「ちょっと」と女将から待ったがかかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る