最安9700円!ANA深夜沖縄便は150席早いもの勝ち

公開日: 更新日:

 羽田─沖縄便といえば航空会社が力を入れるドル箱路線。お盆ともなると、片道5万円近くに跳ね上がるが、ANAは片道9700円の運賃プランを打ち出した。これから夏休み旅行の計画を立てる人には、耳寄りだ。

 画期的な運行プランは「ANAギャラクシーフライト」。期間は7月18日~8月31日。深夜0時に羽田を出発し、那覇に着くのは午前2時半。那覇発は午前4時40分で、羽田着は同7時だ。

 9700円は期間中の最安値で、「旅割60」の割引を適用した場合に限られる。最安値は7月いっぱい。さすがにお盆期間は同じ割引を使っても2万円ほどになるが、日中便の通常料金は2倍近い。エア代が大幅に抑えられるのは魅力だろう。

 安さの秘密は貨物便を使っていること……。えっ、荷物と一緒に閉じ込められる?
「その心配はございません。貨物専用のフレーター機ではなく、旅客機の床下に貨物を積むベリー便ですから。客席は、一般の旅客機と同じ仕様で、ドリンクなどの機内サービスも通常通り行う予定です。那覇空港は24時間空港で、アジア各国との貨物輸送のハブとして12年7月からベリー便による貨物輸送を行っています。今回のフライトはその有効活用ですが、貨物輸送のスペースを十分確保するため、販売席数は一般席150席限定です」(ANA広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る