日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最安9700円!ANA深夜沖縄便は150席早いもの勝ち

 羽田─沖縄便といえば航空会社が力を入れるドル箱路線。お盆ともなると、片道5万円近くに跳ね上がるが、ANAは片道9700円の運賃プランを打ち出した。これから夏休み旅行の計画を立てる人には、耳寄りだ。

 画期的な運行プランは「ANAギャラクシーフライト」。期間は7月18日~8月31日。深夜0時に羽田を出発し、那覇に着くのは午前2時半。那覇発は午前4時40分で、羽田着は同7時だ。

 9700円は期間中の最安値で、「旅割60」の割引を適用した場合に限られる。最安値は7月いっぱい。さすがにお盆期間は同じ割引を使っても2万円ほどになるが、日中便の通常料金は2倍近い。エア代が大幅に抑えられるのは魅力だろう。

 安さの秘密は貨物便を使っていること……。えっ、荷物と一緒に閉じ込められる?
「その心配はございません。貨物専用のフレーター機ではなく、旅客機の床下に貨物を積むベリー便ですから。客席は、一般の旅客機と同じ仕様で、ドリンクなどの機内サービスも通常通り行う予定です。那覇空港は24時間空港で、アジア各国との貨物輸送のハブとして12年7月からベリー便による貨物輸送を行っています。今回のフライトはその有効活用ですが、貨物輸送のスペースを十分確保するため、販売席数は一般席150席限定です」(ANA広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事