最安9700円!ANA深夜沖縄便は150席早いもの勝ち

公開日: 更新日:

 羽田─沖縄便といえば航空会社が力を入れるドル箱路線。お盆ともなると、片道5万円近くに跳ね上がるが、ANAは片道9700円の運賃プランを打ち出した。これから夏休み旅行の計画を立てる人には、耳寄りだ。

 画期的な運行プランは「ANAギャラクシーフライト」。期間は7月18日~8月31日。深夜0時に羽田を出発し、那覇に着くのは午前2時半。那覇発は午前4時40分で、羽田着は同7時だ。

 9700円は期間中の最安値で、「旅割60」の割引を適用した場合に限られる。最安値は7月いっぱい。さすがにお盆期間は同じ割引を使っても2万円ほどになるが、日中便の通常料金は2倍近い。エア代が大幅に抑えられるのは魅力だろう。

 安さの秘密は貨物便を使っていること……。えっ、荷物と一緒に閉じ込められる?
「その心配はございません。貨物専用のフレーター機ではなく、旅客機の床下に貨物を積むベリー便ですから。客席は、一般の旅客機と同じ仕様で、ドリンクなどの機内サービスも通常通り行う予定です。那覇空港は24時間空港で、アジア各国との貨物輸送のハブとして12年7月からベリー便による貨物輸送を行っています。今回のフライトはその有効活用ですが、貨物輸送のスペースを十分確保するため、販売席数は一般席150席限定です」(ANA広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る