魚河岸で40年、目利き主人の初鰹にうなる

公開日:  更新日:

■はなふさ 築地

 日本一の魚河岸のある築地周辺は定食に寿司、居酒屋、レストランと魚介料理を自慢とする店がひしめいている。今宵の河岸は、市場の仲買人をして「旬の魚を今が食べ頃という時に食わせてくれる」と言わしめる店。地下鉄築地駅から隅田川方面へとそぞろ歩き、7丁目の路地裏にある「築地 はなふさ」だ。

 カウンターに座り、瓶ビール(大)710円を頼むと、酒とともにお通し430円が運ばれてきた。この日は、いずれも今が旬のホタルイカとシラスの釜揚げの2点盛り。ホタルイカに箸をつけると、プリップリの身がはじけ、濃厚な味噌がジュワッ。程よい酢味噌と相まって、至高のハーモニーを奏で始めた。ビールで喉を鳴らし、お代わりを頼んで、シラスをつまむ。こちらはふわりと軽やかで、塩加減もよく、春の海が目の前に広がっていく。
 聞けば、店主の小野寺利光さんは生まれも育ちも築地という生粋の地元っ子。魚河岸は子どもの頃からの遊び場で、学生時代に魚河岸でアルバイトに励み、料理人歴約40年!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る