魚河岸で40年、目利き主人の初鰹にうなる

公開日: 更新日:

■はなふさ 築地

 日本一の魚河岸のある築地周辺は定食に寿司、居酒屋、レストランと魚介料理を自慢とする店がひしめいている。今宵の河岸は、市場の仲買人をして「旬の魚を今が食べ頃という時に食わせてくれる」と言わしめる店。地下鉄築地駅から隅田川方面へとそぞろ歩き、7丁目の路地裏にある「築地 はなふさ」だ。

 カウンターに座り、瓶ビール(大)710円を頼むと、酒とともにお通し430円が運ばれてきた。この日は、いずれも今が旬のホタルイカとシラスの釜揚げの2点盛り。ホタルイカに箸をつけると、プリップリの身がはじけ、濃厚な味噌がジュワッ。程よい酢味噌と相まって、至高のハーモニーを奏で始めた。ビールで喉を鳴らし、お代わりを頼んで、シラスをつまむ。こちらはふわりと軽やかで、塩加減もよく、春の海が目の前に広がっていく。
 聞けば、店主の小野寺利光さんは生まれも育ちも築地という生粋の地元っ子。魚河岸は子どもの頃からの遊び場で、学生時代に魚河岸でアルバイトに励み、料理人歴約40年!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る