魚河岸で40年、目利き主人の初鰹にうなる

公開日: 更新日:

■はなふさ 築地

 日本一の魚河岸のある築地周辺は定食に寿司、居酒屋、レストランと魚介料理を自慢とする店がひしめいている。今宵の河岸は、市場の仲買人をして「旬の魚を今が食べ頃という時に食わせてくれる」と言わしめる店。地下鉄築地駅から隅田川方面へとそぞろ歩き、7丁目の路地裏にある「築地 はなふさ」だ。

 カウンターに座り、瓶ビール(大)710円を頼むと、酒とともにお通し430円が運ばれてきた。この日は、いずれも今が旬のホタルイカとシラスの釜揚げの2点盛り。ホタルイカに箸をつけると、プリップリの身がはじけ、濃厚な味噌がジュワッ。程よい酢味噌と相まって、至高のハーモニーを奏で始めた。ビールで喉を鳴らし、お代わりを頼んで、シラスをつまむ。こちらはふわりと軽やかで、塩加減もよく、春の海が目の前に広がっていく。
 聞けば、店主の小野寺利光さんは生まれも育ちも築地という生粋の地元っ子。魚河岸は子どもの頃からの遊び場で、学生時代に魚河岸でアルバイトに励み、料理人歴約40年!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る