花街の美しき芸妓たちの夢の後先…

公開日:  更新日:

■品川亭 西新宿

 新宿は中央公園を抜け、十二社通りを渡った西新宿4丁目の一角。かつて角筈十二社(つのはずじゅうにそう)と呼ばれ、明治時代から昭和の中頃まで花街として栄えたエリアである。昭和初めの最盛期には100軒以上の料亭や置き屋が軒を連ね、300人以上の芸妓で賑わったそうだ。

「外を歩けば、どこからともなく三味線の音が聞こえてきたものです」
 と言って、品川ちかさんは遠くを見つめる。角筈十二社の路地裏にひっそりとたたずむ「品川亭」の女将。旅籠(はたご)のごとき縄のれんの引き戸、れんがの敷かれた床、酒樽を使った椅子、そこかしこに飾られた七福神の置物と、往時を彷彿とさせる店内は、時が堆積し、その空気まで実に艶(あで)やかだ。

「ここは『錦水』という料亭の離れとして使われていたんですよ。それを大正時代のイメージに改装したんです。今は埋められてしまいましたが、裏に弁天池という池もありましてね。それは風情があったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る