花街の美しき芸妓たちの夢の後先…

公開日:  更新日:

■品川亭 西新宿

 新宿は中央公園を抜け、十二社通りを渡った西新宿4丁目の一角。かつて角筈十二社(つのはずじゅうにそう)と呼ばれ、明治時代から昭和の中頃まで花街として栄えたエリアである。昭和初めの最盛期には100軒以上の料亭や置き屋が軒を連ね、300人以上の芸妓で賑わったそうだ。

「外を歩けば、どこからともなく三味線の音が聞こえてきたものです」
 と言って、品川ちかさんは遠くを見つめる。角筈十二社の路地裏にひっそりとたたずむ「品川亭」の女将。旅籠(はたご)のごとき縄のれんの引き戸、れんがの敷かれた床、酒樽を使った椅子、そこかしこに飾られた七福神の置物と、往時を彷彿とさせる店内は、時が堆積し、その空気まで実に艶(あで)やかだ。

「ここは『錦水』という料亭の離れとして使われていたんですよ。それを大正時代のイメージに改装したんです。今は埋められてしまいましたが、裏に弁天池という池もありましてね。それは風情があったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る