“特権剥奪”は時間の問題 「専業主婦」家庭は破綻する

公開日: 更新日:

 では、専業主婦はどれくらいいるのか。「労働力調査」(総務省)のデータでは、女性の約35%が仕事をしていない。残り65%の中にも、3号被保険者(年収130万円未満)の資格が得られるパートタイム労働の主婦もいるため、おおまかに既婚女性の5割超が“専業主婦”と言っていい。

 つまり、専業主婦の特権がなくなれば、半分以上の家庭がダメージを受けるわけだ。そもそも、サラリーウーマンと専業主婦では、どれくらい収入に差があるのか?

 民間給与実態調査(国税庁=12年)によると、女性正規社員の平均年収は約350万円。女性が30歳で結婚し、65歳まで働くと仮定すると、35年間で1億2250万円の収入になる。年収350万円には約27万円の税金などもかかるが、妻の収入だけで億ション1戸分が買えるわけだ。

■将来の年金も70万円違ってくる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る