【W杯14日の見どころ】香川の“冷遇仲間”チチャリート

公開日:  更新日:

メキシコ―カメルーン 深夜1時~(NHK総合)

 メキシコ代表のエースFWハビエル・エルナンデス(26=写真・AP)に注目だ。「チチャリート」(小さなエンドウ豆)の愛称で知られ、香川真司(25)と同じイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属している。

 前回の南アフリカW杯にも出場して2ゴールを記録。メキシコでは、「チチャリートが試合に出場している時間は犯罪率が低下する」といわれるほど絶大な人気を誇っている。
 マンUでの13―14シーズンは24試合に出場して4ゴールを記録したが、先発はわずか6試合。当時のモイーズ監督から香川と同じように“冷遇”されていた。

 メキシコ代表のエレーラ監督は、「プレーすることを考慮してチームを去ることに関心を示すべきだ」と移籍を進言。チチャリートのもとには、すでに各国のクラブからいくつもオファーが届いているという。W杯の大舞台で活躍すれば、さらに好条件のオファーが舞い込むのは確実。残留するにしても、マンUでの位置づけは再びアップする。香川と同じ境遇の点取り屋は、昨シーズンの鬱憤を晴らせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る