残業代ゼロを逆手に…お気楽「5時から男」復活の期待も

公開日:  更新日:

 ホワイトカラー・エグゼンプションとは、働いた時間の長短に関係なく賃金を支払う裁量労働制のこと。残業代ゼロ法とも呼ばれ、「サービス残業を助長させる」「過労死が増える」といった警戒の声が多い。しかし、「5時から男」の高田純次みたいなお気楽サラリーマンは、この残業ゼロで復活する。

 政府が推し進めている残業代ゼロ法案。反発を恐れて、厚労省はまず年収1000万円以上、コンサルタントや金融ディーラーといった専門職から適用する考えだ。
 彼らエリート層は自分の裁量で労働時間や休暇を決めている“お気楽層”だから、適用しやすいという理屈だ。

 ところが、実際はそうではない。転職サイト「ヴォーカーズ」が6万8853件の社員リポートを集計したところ、残業時間が最も長い業界は、実はこの「コンサルティング・シンクタンク」業だった。月の残業は平均83.5時間で、一般的に「過労死ライン」と呼ばれる80時間を超えている。つまり、彼ら“エリート層”が、一番コキ使われているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る