残業代ゼロを逆手に…お気楽「5時から男」復活の期待も

公開日:  更新日:

 ホワイトカラー・エグゼンプションとは、働いた時間の長短に関係なく賃金を支払う裁量労働制のこと。残業代ゼロ法とも呼ばれ、「サービス残業を助長させる」「過労死が増える」といった警戒の声が多い。しかし、「5時から男」の高田純次みたいなお気楽サラリーマンは、この残業ゼロで復活する。

 政府が推し進めている残業代ゼロ法案。反発を恐れて、厚労省はまず年収1000万円以上、コンサルタントや金融ディーラーといった専門職から適用する考えだ。
 彼らエリート層は自分の裁量で労働時間や休暇を決めている“お気楽層”だから、適用しやすいという理屈だ。

 ところが、実際はそうではない。転職サイト「ヴォーカーズ」が6万8853件の社員リポートを集計したところ、残業時間が最も長い業界は、実はこの「コンサルティング・シンクタンク」業だった。月の残業は平均83.5時間で、一般的に「過労死ライン」と呼ばれる80時間を超えている。つまり、彼ら“エリート層”が、一番コキ使われているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る