京本政樹が長年、ひいきにしている“壺焼きカレー”の「ビストロ喜楽亭」

公開日: 更新日:

 ドラマや映画で幅広い役柄を演じる一方、バラエティーでも活躍している京本政樹(55)。グルメ番組にもたびたび顔を出すが、長年、通い続ける店がある。

「ビストロ喜楽亭」は世田谷区池尻で30年以上も営業している洋食レストラン。“壺焼き”という独自のスタイルのカレーが人気で、これまで多くの芸能人、著名人に親しまれてきた。「もともとは、お酒を飲んだ後のシメに食べられる、優しい味わいのカレーというのが創業当時のコンセプトなんです」とはオーナーの大久保富美子さん。

 カレーのベースとなるブイヨンソースは、3日間かけてじっくりと煮込み、それを一晩寝かせて味をなじませるという手間のかけよう。これを1品ずつ小さな鍋に分けて丁寧に仕上げていくのが喜楽亭流だ。

 壺焼きの“壺”はこのときに使う鍋のこと。テーブルに鍋ごと出されるため最後まで温かいのも魅力。「1品ずつスパイスの調合を変えられるので、アレンジも自在。だからカレーの種類は増えるばかりなんです」と大久保さん。そんな中でも堂々の1番人気を誇るのが「ハンバーグかれー」(1404円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る