京本政樹が長年、ひいきにしている“壺焼きカレー”の「ビストロ喜楽亭」

公開日:  更新日:

 ドラマや映画で幅広い役柄を演じる一方、バラエティーでも活躍している京本政樹(55)。グルメ番組にもたびたび顔を出すが、長年、通い続ける店がある。

「ビストロ喜楽亭」は世田谷区池尻で30年以上も営業している洋食レストラン。“壺焼き”という独自のスタイルのカレーが人気で、これまで多くの芸能人、著名人に親しまれてきた。「もともとは、お酒を飲んだ後のシメに食べられる、優しい味わいのカレーというのが創業当時のコンセプトなんです」とはオーナーの大久保富美子さん。

 カレーのベースとなるブイヨンソースは、3日間かけてじっくりと煮込み、それを一晩寝かせて味をなじませるという手間のかけよう。これを1品ずつ小さな鍋に分けて丁寧に仕上げていくのが喜楽亭流だ。

 壺焼きの“壺”はこのときに使う鍋のこと。テーブルに鍋ごと出されるため最後まで温かいのも魅力。「1品ずつスパイスの調合を変えられるので、アレンジも自在。だからカレーの種類は増えるばかりなんです」と大久保さん。そんな中でも堂々の1番人気を誇るのが「ハンバーグかれー」(1404円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る