大阪出身はるな愛が本場の味を再現「A.garden」の人気メニュー「どろろ焼き」

公開日:  更新日:

 細い路地が迷路のように入り組んだ三軒茶屋の“なかみち街”。小さな飲み屋が軒を連ね、昭和レトロな風情が漂うこの場所に、タレントのはるな愛(42)が経営するお好み焼き店がある。

「A.garden」はカウンターの目の前で焼くアツアツのお好み焼き、鉄板焼きが味わえるダイニング。はるなは大阪出身で、かつて実家がお好み焼き店を経営。幼い頃から親しんできた本場の味を関東の人にも味わって欲しいと、この地にオープンし、間もなく7周年を迎える。

 本場大阪の味をベースにしながらも、独自の工夫をこらしたオリジナリティーこそが、この店のお好み焼きの魅力。数あるメニューの中でも不動の人気を誇るのが本人の名を冠した名物、「どろろ焼き はるなスペシャル」(1550円、税別)だ。

 最大の特徴は山芋の量にあると、店長の小笠原修一さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る