夫の7割「家事ハラ」被害 頼みの綱は炊事洗濯ガジェット化

公開日: 更新日:

「やり方が雑」といった妻からの家事ハラスメントが約7割――。

 旭化成ホームズ「共働き家族研究所」のアンケートでこんな結果が出た。昨今のイクメンブームも相まって、積極的に家事参加する夫は9割超。ところが、家事に不慣れなことや“オレ流”のやり方がアダとなり、妻の反感を招いているのが現実だ。

 妻の夫に対する家事ハラ発言は容赦がない。例えば洗濯物。「そんな干し方だと乾かないわよ!」と叱られ、干し直しを命じられる。食器を洗っていると、「ちゃんと洗えていない」とダンナを押しのけて洗い直される。

 せっかくかけた掃除機は二度がけされ、一事が万事でクレームとダメ出しの応酬。「ありがとう」の一言すらない。同調査では「家事ハラ」を受けた夫は7割に達し、9割が「やる気」をなくしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る