夫の7割「家事ハラ」被害 頼みの綱は炊事洗濯ガジェット化

公開日: 更新日:

「やり方が雑」といった妻からの家事ハラスメントが約7割――。

 旭化成ホームズ「共働き家族研究所」のアンケートでこんな結果が出た。昨今のイクメンブームも相まって、積極的に家事参加する夫は9割超。ところが、家事に不慣れなことや“オレ流”のやり方がアダとなり、妻の反感を招いているのが現実だ。

 妻の夫に対する家事ハラ発言は容赦がない。例えば洗濯物。「そんな干し方だと乾かないわよ!」と叱られ、干し直しを命じられる。食器を洗っていると、「ちゃんと洗えていない」とダンナを押しのけて洗い直される。

 せっかくかけた掃除機は二度がけされ、一事が万事でクレームとダメ出しの応酬。「ありがとう」の一言すらない。同調査では「家事ハラ」を受けた夫は7割に達し、9割が「やる気」をなくしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る