夫の7割「家事ハラ」被害 頼みの綱は炊事洗濯ガジェット化

公開日:  更新日:

「やり方が雑」といった妻からの家事ハラスメントが約7割――。

 旭化成ホームズ「共働き家族研究所」のアンケートでこんな結果が出た。昨今のイクメンブームも相まって、積極的に家事参加する夫は9割超。ところが、家事に不慣れなことや“オレ流”のやり方がアダとなり、妻の反感を招いているのが現実だ。

 妻の夫に対する家事ハラ発言は容赦がない。例えば洗濯物。「そんな干し方だと乾かないわよ!」と叱られ、干し直しを命じられる。食器を洗っていると、「ちゃんと洗えていない」とダンナを押しのけて洗い直される。

 せっかくかけた掃除機は二度がけされ、一事が万事でクレームとダメ出しの応酬。「ありがとう」の一言すらない。同調査では「家事ハラ」を受けた夫は7割に達し、9割が「やる気」をなくしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る