• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫の7割「家事ハラ」被害 頼みの綱は炊事洗濯ガジェット化

「やり方が雑」といった妻からの家事ハラスメントが約7割――。

 旭化成ホームズ「共働き家族研究所」のアンケートでこんな結果が出た。昨今のイクメンブームも相まって、積極的に家事参加する夫は9割超。ところが、家事に不慣れなことや“オレ流”のやり方がアダとなり、妻の反感を招いているのが現実だ。

 妻の夫に対する家事ハラ発言は容赦がない。例えば洗濯物。「そんな干し方だと乾かないわよ!」と叱られ、干し直しを命じられる。食器を洗っていると、「ちゃんと洗えていない」とダンナを押しのけて洗い直される。

 せっかくかけた掃除機は二度がけされ、一事が万事でクレームとダメ出しの応酬。「ありがとう」の一言すらない。同調査では「家事ハラ」を受けた夫は7割に達し、9割が「やる気」をなくしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る