東貴博プロデュース! ボリューム満点のもんじゃ焼き店「浅草MJ」

公開日: 更新日:

 昭和を代表するコメディアン・東八郎の次男で“下町のプリンス”として人気のアズマックスこと東貴博(44)。“もんじゃ焼き発祥の地”ともいわれる浅草で育ち、地元でもんじゃ焼き店「浅草MJ」を経営している。

 場所はつくばエクスプレス浅草駅を降りてすぐの国際通り沿い。料理はもんじゃ焼きの店にしては珍しいコースが主体で、特徴は何といっても圧倒的なボリューム。名物料理のひとつ、国産牛のステーキは5センチは軽く超えるほどの極厚! もんじゃに至っては、大きな鍋にドッサリと入って登場する。

 東自身が大家族で育ったことから、「ボリュームたっぷりの料理を大人数で囲んでガッツリ食べる!」というのが、この店のコンセプトだ。

「もんじゃ焼きは独自の工夫で、王道をさらに進化させました」と語るのは店長の高橋卓さん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る