東貴博プロデュース! ボリューム満点のもんじゃ焼き店「浅草MJ」

公開日:  更新日:

 昭和を代表するコメディアン・東八郎の次男で“下町のプリンス”として人気のアズマックスこと東貴博(44)。“もんじゃ焼き発祥の地”ともいわれる浅草で育ち、地元でもんじゃ焼き店「浅草MJ」を経営している。

 場所はつくばエクスプレス浅草駅を降りてすぐの国際通り沿い。料理はもんじゃ焼きの店にしては珍しいコースが主体で、特徴は何といっても圧倒的なボリューム。名物料理のひとつ、国産牛のステーキは5センチは軽く超えるほどの極厚! もんじゃに至っては、大きな鍋にドッサリと入って登場する。

 東自身が大家族で育ったことから、「ボリュームたっぷりの料理を大人数で囲んでガッツリ食べる!」というのが、この店のコンセプトだ。

「もんじゃ焼きは独自の工夫で、王道をさらに進化させました」と語るのは店長の高橋卓さん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る