春風亭小朝も絶賛「釜めんたいバターうどん」

公開日:  更新日:

 本業の落語に加え、最近は俳優としての活躍も目立っている春風亭小朝(59)。放映中の大河ドラマ「軍師官兵衛」では明智光秀役で登場。ドラマのため、16キロも減量する徹底した役づくりで、悲劇の戦国武将を熱演している。

 そんな小朝の行きつけは文京区にある人気店「讃岐饂飩 根の津」。場所は地下鉄根津駅から5分ほど歩いた根津神社のほど近く。目立たない立地ながら口コミで評判が広がり、食事時には行列ができる人気ぶりだ。

 最大の特徴は徹底的にこだわり抜いた、うどんの加水率にある。

「讃岐うどんというと太くてかたい麺をイメージしがちですが、本場では必ずしもそうではないんです」と語るのは店主の亀山恵三さん。

「僕が目指しているのはもちもち感があって、それでいて伸びのあるうどん。打つ時には水分をかなり多く用いて、加水率が50%を超える状態に仕上げています。そうすることで、食べていてアゴが疲れるようなコシの強さとは違う、ほどよい歯ごたえと心地よい食感を楽しめるようにしているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る