春風亭小朝も絶賛「釜めんたいバターうどん」

公開日:  更新日:

 本業の落語に加え、最近は俳優としての活躍も目立っている春風亭小朝(59)。放映中の大河ドラマ「軍師官兵衛」では明智光秀役で登場。ドラマのため、16キロも減量する徹底した役づくりで、悲劇の戦国武将を熱演している。

 そんな小朝の行きつけは文京区にある人気店「讃岐饂飩 根の津」。場所は地下鉄根津駅から5分ほど歩いた根津神社のほど近く。目立たない立地ながら口コミで評判が広がり、食事時には行列ができる人気ぶりだ。

 最大の特徴は徹底的にこだわり抜いた、うどんの加水率にある。

「讃岐うどんというと太くてかたい麺をイメージしがちですが、本場では必ずしもそうではないんです」と語るのは店主の亀山恵三さん。

「僕が目指しているのはもちもち感があって、それでいて伸びのあるうどん。打つ時には水分をかなり多く用いて、加水率が50%を超える状態に仕上げています。そうすることで、食べていてアゴが疲れるようなコシの強さとは違う、ほどよい歯ごたえと心地よい食感を楽しめるようにしているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る