台風よりはるかにヤバイ 温帯低気圧が引き起こす爆弾豪雨

公開日:  更新日:

「台湾やフィリピンみたいな大水害にならずに済みそうだ」

 台風16号が中国大陸付近で東に急カーブ、九州の手前で温帯低気圧に変わった。勢力ダウンにホッとした人もいるかもしれないが、「そんなに甘くはない」と、気象予報士の森田正光氏がこう言う。

「中心付近の最大風速が毎秒17メートル以上が台風で、それを下回るのが低気圧です。台風も低気圧も、南から雨の材料となる湿った空気を引き込む力があります。今回のように台風が温帯低気圧に変わるときは、寒冷前線が影響しています。つまり、北からの寒気と南からの湿った空気がぶつかる恐れがある。先月、土砂災害を招いた広島の集中豪雨のときも、上空で寒気と暖気が衝突を繰り返し、1時間に100ミリ超の雨量を記録したのです。<たかが低気圧>と侮ってはいけません」

■秋は日本列島縦断コース

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る