台風16号接近 この冬は季節外れの集中豪雨が待っている

公開日:  更新日:

 フィリピンの東海上で18日未明、発生した「台風16号」が、週明けにも沖縄に接近するとみられる。23日には西日本の南海上を通過し、本州にも強風が吹き荒れる恐れもある。ここ数年、台風の規模や被害が大きくなっているだけに心配だ。

 台風が大型化しているのは、勢力の最大地点が北上しているためだ。米海洋大気局の研究チームは、過去30年のデータを分析。台風の勢力が最も大きくなる地点が、10年で北に約56キロ移動したと発表している。

「温暖化による海水温の上昇の影響とみられます。10年で50~60キロは少ない移動に思えますが、何十年にわたり、年々、勢力のピーク地点が日本列島に近付いているのは確かです。今後も、台風の規模が大きくなり回数が増える傾向にあるため、注意が必要です」(ウェザーマップの気象予報士・片山由紀子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る