徹底調査で日本でもヒット 油なし揚げ器「ノンフライヤー」

公開日: 更新日:

 油を使わずに揚げ物ができる調理家電、フィリップスの「ノンフライヤー」は、世界100カ国以上で販売されている調理家電だ。日本では2013年4月に発売し、今年6月までに売り上げ30万台を突破。9月には日本仕様の新モデル「ノンフライヤープラス」も登場し、勢いを加速させている。

 ノンフライヤーは、熱風を高速で対流循環させて調理する仕組み。360度熱風が当たる設計で、食材自身の油で表面を均一に加熱することで素材のうま味を閉じ込め、サクサクの食感を実現する。

「油を使わずヘルシーというとおいしさを犠牲にする印象があるが、ノンフライヤーは味にも自信。むしろよりおいしくなると自負している」(フィリップスエレクトロニクスジャパン・コンシューマーライフスタイル事業部の伊藤弘隆氏)

 ノンフライヤーは10年に「エアフライヤー」の名前で欧州にて発売された。翌11年にはアジアに進出するも、日本発売は13年。なぜ遅れたかといえば、フリップスは09年に日本の調理家電市場から撤退していたためで、再参入にあたり、事前調査を徹底的に行っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る