• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

徹底調査で日本でもヒット 油なし揚げ器「ノンフライヤー」

 油を使わずに揚げ物ができる調理家電、フィリップスの「ノンフライヤー」は、世界100カ国以上で販売されている調理家電だ。日本では2013年4月に発売し、今年6月までに売り上げ30万台を突破。9月には日本仕様の新モデル「ノンフライヤープラス」も登場し、勢いを加速させている。

 ノンフライヤーは、熱風を高速で対流循環させて調理する仕組み。360度熱風が当たる設計で、食材自身の油で表面を均一に加熱することで素材のうま味を閉じ込め、サクサクの食感を実現する。

「油を使わずヘルシーというとおいしさを犠牲にする印象があるが、ノンフライヤーは味にも自信。むしろよりおいしくなると自負している」(フィリップスエレクトロニクスジャパン・コンシューマーライフスタイル事業部の伊藤弘隆氏)

 ノンフライヤーは10年に「エアフライヤー」の名前で欧州にて発売された。翌11年にはアジアに進出するも、日本発売は13年。なぜ遅れたかといえば、フリップスは09年に日本の調理家電市場から撤退していたためで、再参入にあたり、事前調査を徹底的に行っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る