料理好きな清水ミチコがハマった街のカジュアルイタリアン「バルボアカフェ」

公開日:  更新日:

 料理が得意なことでも知られるタレントの清水ミチコ(54)。作るのはもちろん食べるのも大好きで、長年、足を運んでいるのが下北沢にあるイタリアン「バルボアカフェ」だ。

 場所は下北沢駅南口から徒歩8分ほど。駅前の繁華街を抜けた大通り沿いにあり、こぢんまりとした空間でオーナーの手料理とワインを楽しめるアットホームなイタリアンだ。

 1997年のオープン当初はワインバーとして営業していたが、料理が好評だったことからメニューの数を増やし、1人でも気軽に入れるトラットリアに。ワインをじっくり楽しみたい人も、しっかりと食事をしたい人も、それぞれに過ごせる居心地の良さが地元客に支持されてきた。

 清水をはじめ常連をひきつけてやまないのが素材を生かした料理の数々だ。

 その魅力をリーズナブルに楽しめるのが、前菜、主菜、デザート、ドリンクがセットになった11月30日までの平日限定メニュー「18周年記念ディナーセット」(1800円+税、別途チャージ300円+税)。前菜と主菜は好みで選べるが、ここではその一例を挙げてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る