モト冬樹が長年通い続ける広東料理の名店「世田ヶ谷 火龍園」

公開日:  更新日:

 世田谷の閑静な住宅街の一角に、タレントのモト冬樹(63)が通う中華料理店がある。

「世田ヶ谷 火龍園」は東急世田谷線の山下駅と松原駅の中間にある、この界隈ではよく知られた人気店。自然光がたっぷりと差し込む開放的な店内は、中華料理店というよりも、しゃれたレストランのような風情。そのモダンな空間でくつろぎながら、本格広東料理が味わえる。

 腕をふるうのは、横浜や神戸の名店で修業を重ねてきた料理長の梁慶彰さん。素材に徹底してこだわり、その持ち味をとことん生かすのが、梁さんの真骨頂だ。

「魚介は築地で買い付けたものや、産直の新鮮なものを使用。肉も国産の良質なものだけを厳選しています。素材がいいからこそ、その良さを生かすには火の通し方や味付けなどのちょっとした加減が重要。全体にあっさりと仕上げることで、素材本来のおいしさを楽しんでいただけるようにしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る