薬丸裕英が太鼓判 老舗和菓子店のどら焼き「黒松」

公開日:  更新日:

 今年3月に幕を閉じた長寿番組「はなまるマーケット」(TBS系)の司会を17年間務めた“ヤックン”こと薬丸裕英(48)。人気コーナー「おめざ」で、ゲストが紹介するおいしいモノを山ほど食べてきた薬丸が大絶賛するどら焼きの名店がある。「草月」は、北区東十条にある昭和5年創業の老舗和菓子店。店はJR東十条駅南口を出て坂道を下った角にあり、店内はひっきりなしに訪れる客で賑わっている。

 そのほとんどの客のお目当てが薬丸も太鼓判を押す、この店のどら焼き「黒松」。年末年始の繁忙期に至っては、このどら焼きを求める客で、店頭に長蛇の列ができるほどの人気ぶりだ。

 そもそもどら焼きなど和菓子屋なら、どこでも売っているのに、何がそこまで人を引きつけるのか? 理由は素材の持ち味をとことん生かす、職人技にある。北海道産の小豆をはじめ、良質な素材を選び抜き、昔と変わらず職人が一つ一つ丁寧に手作り。あえて支店は出さずに“1店主義”を貫くことで、昔ながらの丁寧な仕事をしっかりと受け継いできたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る