薬丸裕英が太鼓判 老舗和菓子店のどら焼き「黒松」

公開日: 更新日:

 今年3月に幕を閉じた長寿番組「はなまるマーケット」(TBS系)の司会を17年間務めた“ヤックン”こと薬丸裕英(48)。人気コーナー「おめざ」で、ゲストが紹介するおいしいモノを山ほど食べてきた薬丸が大絶賛するどら焼きの名店がある。「草月」は、北区東十条にある昭和5年創業の老舗和菓子店。店はJR東十条駅南口を出て坂道を下った角にあり、店内はひっきりなしに訪れる客で賑わっている。

 そのほとんどの客のお目当てが薬丸も太鼓判を押す、この店のどら焼き「黒松」。年末年始の繁忙期に至っては、このどら焼きを求める客で、店頭に長蛇の列ができるほどの人気ぶりだ。

 そもそもどら焼きなど和菓子屋なら、どこでも売っているのに、何がそこまで人を引きつけるのか? 理由は素材の持ち味をとことん生かす、職人技にある。北海道産の小豆をはじめ、良質な素材を選び抜き、昔と変わらず職人が一つ一つ丁寧に手作り。あえて支店は出さずに“1店主義”を貫くことで、昔ながらの丁寧な仕事をしっかりと受け継いできたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る