• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

加藤綾子アナのケースは「過労死防止法」に当てはまるのか?

 11月1日に過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が施行された。法律に「過労死」の文言を入れ、「国の責務」で防止策を行うとする画期的な内容だ。この法律はサラリーマンの命を守ってくれるのか――。

■新しい法律には長時間労働を禁ずる文言なし

 この3連休、世界遺産の富岡製糸場は、家族連れや若いカップルたちで大賑わいだった。

 富岡は明治から昭和初期にかけ、若い女工たちが毎日15時間以上働かせられた場所だ。自殺、過労死などで多くの少女が命を失い、“絹糸は女工たちの涙を飲んで輝いてきた”とさえいわれる。

 現在では、このような過酷な職場は一部のブラック企業ぐらいだろうが、それでも約479万人は、“過労死”の認定ラインである「週60時間以上」働いている(総務省「労働力調査」=13年)。いつ倒れてもおかしくない状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る