加藤綾子アナのケースは「過労死防止法」に当てはまるのか?

公開日: 更新日:

 11月1日に過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が施行された。法律に「過労死」の文言を入れ、「国の責務」で防止策を行うとする画期的な内容だ。この法律はサラリーマンの命を守ってくれるのか――。

■新しい法律には長時間労働を禁ずる文言なし

 この3連休、世界遺産の富岡製糸場は、家族連れや若いカップルたちで大賑わいだった。

 富岡は明治から昭和初期にかけ、若い女工たちが毎日15時間以上働かせられた場所だ。自殺、過労死などで多くの少女が命を失い、“絹糸は女工たちの涙を飲んで輝いてきた”とさえいわれる。

 現在では、このような過酷な職場は一部のブラック企業ぐらいだろうが、それでも約479万人は、“過労死”の認定ラインである「週60時間以上」働いている(総務省「労働力調査」=13年)。いつ倒れてもおかしくない状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る