ブーム火付け役「セレブ・デ・トマト」直伝 簡単裏技レシピ

公開日:  更新日:

 トマト専門店「セレブ・デ・トマト」を運営。本店は表参道にあり、ほかにも水道橋、横浜、上海、ソウルにフランチャイズ店を展開している。

 吉本さんは2006年の会社創立時からのメンバーで、現在はセレブ・デ・トマト事業部の統括マネジャーとして活躍している。いわばトマトのプロフェッショナルだ。

 レストランが併設される青山本店には、色とりどりのフルーツトマトが、多い時は25種類以上並ぶ。その名も「トマトの宝石箱」という詰め合わせは1箱3000~5000円。大粒トマトも1個400円以上する。高級トマトブームの火付け役といっても過言ではない。

「かつて食のブランドは“生産者”側から発信されていました。やがて競争が激しくなり、玉石混交の状況に。そこで考えたのが、消費者ブランドの確立です。“買う側”が良いと思えば、それが価値あるブランドなんだと。そのために青山という一等地に店を構え、全国から厳選したトマトを、舌の肥えたお客さまにジャッジしてもらおうと考えたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る