ブーム火付け役「セレブ・デ・トマト」直伝 簡単裏技レシピ

公開日: 更新日:

 トマト専門店「セレブ・デ・トマト」を運営。本店は表参道にあり、ほかにも水道橋、横浜、上海、ソウルにフランチャイズ店を展開している。

 吉本さんは2006年の会社創立時からのメンバーで、現在はセレブ・デ・トマト事業部の統括マネジャーとして活躍している。いわばトマトのプロフェッショナルだ。

 レストランが併設される青山本店には、色とりどりのフルーツトマトが、多い時は25種類以上並ぶ。その名も「トマトの宝石箱」という詰め合わせは1箱3000~5000円。大粒トマトも1個400円以上する。高級トマトブームの火付け役といっても過言ではない。

「かつて食のブランドは“生産者”側から発信されていました。やがて競争が激しくなり、玉石混交の状況に。そこで考えたのが、消費者ブランドの確立です。“買う側”が良いと思えば、それが価値あるブランドなんだと。そのために青山という一等地に店を構え、全国から厳選したトマトを、舌の肥えたお客さまにジャッジしてもらおうと考えたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る