湯沢で救助された3人も請求 スキー場コース外遭難の代償

公開日:  更新日:

 スキーヤー、スノーボーダーは心した方がいい。正月三が日に新潟県湯沢町「かぐらスキー場」のコース外で男女3人が遭難した事故。今回は全員無事で何よりだったが、身勝手な遭難による代償は大きいことも覚えておくことだ。

 3人は、スキー場のコースとは反対側の「バックカントリー」を滑走しているうちに遭難してしまった。「バックカントリー」とは、自然の山中を滑るスノボのスタイル。人工じゃないふわふわの雪の上を滑れると人気で、最近、同様の遭難が増えているという。

 2010年には、長野県野沢温泉村がコース外で遭難した場合、遭難者が捜索救助費用を弁償する全国初の「スキー場安全条例」を制定。以来、同様の措置を取るスキー場が全国規模で広まっているという。

「制定したのは、コース外には雪上車を出さないと入れないことが多いから。ほかにリフト稼働や救難スタッフの人件費など、スキー場側の負担が膨大になったためです。それでも、コース外の遭難事故は、年に数件から10件程度起きています」(野沢温泉村商工観光課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る