全国平均の倍! 島根県「100歳以上」2年連続最多の秘訣

公開日:  更新日:

 100歳以上の高齢者の割合で、島根県が2年連続トップになった。その数、人口10万人当たり90.17人に上り、全国平均46.21人のほぼ倍。過疎化という背景を差し引いても、すごい人数だ。島根県といえば、全米オープンテニス準優勝の錦織圭(24)やバレーボールの実業団経験がある女優の江角マキコ(47)など、時の人の出身地。丈夫な体を育む風土なのか。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏は言う。

「海と山に囲まれている土地柄なので、豊富な魚介類が食卓に上り、郷土料理の『出雲そば』で知られるように麺類もよく食べます。長寿県である沖縄と長野のいいとこ取りの生活を送っている、といった見方もできます」

■リラックスの習慣が根付く県

 家計調査(2013年)によると、県庁所在地を置く松江市は名産のシジミ、アジ、サバの消費量が全国1位。イワシが2位でブリは3位だ。そばやうどんなどの麺類の消費量も軒並みトップ10入りしている。一方で、肉類は控えめだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る